シート防水

■ シート防水工事とは?

手軽にできてコストが安い!といえばシート防水。
合成ゴム系や、塩化ビニルで作られたシートを貼り付けるシート防水は、持ちの良さがその特徴。
接着剤でシートを貼り付けるだけなので、施工性に優れており、塗装などのメンテナンスを行う必要がないものもある、というメリットがあります。

ゴムシートを使った防水工事の特徴は、伸縮性が高く、耐候性に優れていること。
コストも安く、目立ちにくい箇所の防水や応急処置に向いています。
軽量なため、木造建築への施工にもおすすめで、上に保護層として塗装材を厚塗りすれば、歩行も可能です。

一方塩ビシートは、紫外線・熱・オゾンに優れた耐久性を持っています。
カラフルな色や模様を活かしたシートもあり、施工しやすく、鳥害も受けにくいのがその特徴。
シート同士を熱風で溶かして一体化できるため、手軽に美しい防水層をつくることが可能です。

● 耐久年数:13年前後


● おすすめ施工場所:屋上


● シート防水の長所
【ゴムシート】
・コストが安い
・伸縮性・耐候性に長けている
・短い工期で施工できる
・軽量で施工がしやすい


【塩ビシート】
・ゴムシートに比べ、耐候性に長けている
・燃えにくい
・既存の防水層を選ばないので、手軽に施工できる
・短い工期で施工できる
・軽量で施工がしやすい


【代表直通】090-2442-6230
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 立川市を中心に東京都内、埼玉県、神奈川県全域

一覧ページに戻る