業務内容

ウレタン防水

万能型の塗る防水、といえばウレタン防水!
ウレタン塗料を下地に塗ることで、防水性の高い膜を作っていきます。
形状が複雑な場所でも簡単に施工でき、軽量で工期が短く済むのがその特徴。

別素材の防水層がもともとあったとしても、その上から施工することが可能なため、最近広く取り入れられています。

もっと見る

シート防水

主に屋上の施工によく用いられるのが、シート防水。
合成ゴム系や、塩化ビニルで作られたシートを貼り付ける工法で、“メンテナンスが必要ない”のが一番の特徴です。
伸縮性があるため、下地の亀裂にも柔軟に対応でき、耐候性もあり。

比較的コストも安く手軽にできますが、厚みが薄いため損傷しやすいという特徴もあります。

もっと見る

改質アスファルト防水

液状のアスファルトと、防水性の高いアスファルトシートを積み重ね、厚みのある防水層をつくる工法です。
水密性が高く、他の工法よりも耐久性があるので、メンテナンスの回数を減らすことが可能。
防水層が重くなってしまうため、木造建築には向いていません。

従来のアスファルトに合成樹脂や合成ゴムを混ぜることで、低温下でのシートの強度を高め、施工法もアスファルトを窯で溶かす必要がないよう改良しています。

もっと見る

シーリング工事

シーリングとは、サイディングやALCといった外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目を埋める目地材のこと。
窓などのサッシまわりにも使われており、ゴムの特性を活かして、隙間から外壁内に水が浸入するのを防いでいます。

目立たない部分ですが、劣化してしまうと雨漏りを引き起こすこともある、大変重要なパート。
10年に一度を目安にシーリング工事を行い、防水を万全な状態にしておきましょう。

もっと見る

下地・外壁補修

外壁にひび割れや剥落を発見したら、すぐに外壁補修をご依頼ください!
ほんのわずかな隙間からでも、水は容赦なく建物に入り込みます。
雨漏りや腐食、湿った木が大好きな白アリによる被害……。
大切なお住まいを守るためにも、外壁のメンテナンスは欠かせません。

当社にご依頼いただければ、外壁の状態を正しく見極め、適材適所の施工をご提供いたします。

もっと見る

屋根・外壁塗装

前回の塗装工事から10年以上たっているなら要注意!
外壁に色あせやひび、シーリングの割れなどが見られるようになれば、そろそろ塗り替えなければいけません。
塗装は、大切なお住まいを雨水や紫外線から守るという、重要な役割を担っています。

お住まいの状況とご要望に合わせ、一軒一軒にベストなご提案をいたします。

もっと見る